このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
四国中央市子育て応援隊
四国中央市ホームページへ
  • 出産・育児
  • 手当・助成制度
  • 健診・医療
  • 育児発達相談
  • 施設紹介
  • ほっこりん紹介
サイトメニューここまで
印刷

本文ここから

妊婦一般健康診査

更新日:2013年5月7日

 妊婦健診は、お母さんと赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするものです。妊娠中はからだにいろいろな変化が起こります。自覚症状がなく、順調に見えてもトラブルが隠れていることもあります。無事に出産を迎えるために、定期的に健診を受け、医師からの指導を守りながら毎日を過ごしましょう。

妊婦一般健康診査

 妊婦一般健康診査では、お腹の赤ちゃんの成長や妊娠による妊婦さんの体の変化を血液検査、血圧や尿検査等で定期的に確認します。特に貧血や妊娠高血圧症候群等はお腹の赤ちゃんの発育に影響し、母体の健康を損なうことがあります。健診を受けることで病気等の早期発見・早期対応につながります。
 また健診では病気の有無だけでなく、妊娠・出産・育児に関して医師や助産師等の専門家からその時々の生活状況に応じたアドバイスを受けることができます。妊娠中は、週数に応じて定期的に健康診査を受け、妊娠期を安心して過ごしながら元気な赤ちゃんを出産できるよう健康管理をしましょう。

 母子健康手帳発行時に妊婦一人につき14回分の受診票を交付します。交付された受診票を四国中央市が委託している医療機関に提出すると、妊婦健康診査費の一部が助成されます。受診票は県内の医療機関と助産院のほか、県外一部医療機関にて使用できます。妊娠中に転入された方は受診票の差し替えが必要です。

助成回数等

 受診票の利用により健診費用の一部を公費助成します。1度の妊娠で14回まで助成します。
 健診費用が公費助成額を超えた場合は、自己負担となります。

里帰り出産などの場合

 里帰り出産等の理由で県外の医療機関(県外一部医療機関を除く)にて妊婦健康診査を受診された方についても、健診費用の一部を助成金として還付します。ただし、保健センターにて申請が必要です。申請期間は出産した日から6ヶ月以内となっていますので、ご注意ください。

交付場所

施設名 住所 電話
四国中央市保健センター 三島宮川4丁目6番53号 0896-28-6054
四国中央市川之江保健センター

金生町下分789番地1

0896-28-6214
保健推進課土居庁舎窓口

土居町入野178番地1(四国中央市役所土居庁舎1階)

0896-28-6350

お問い合わせ

四国中央市 保健推進課
住所:〒799-0497 四国中央市三島宮川4丁目6番53号
電話:0896-28-6054  ファクス:0896-28-6110

本文ここまで

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。
Copyright (c) 2013 The City of Shikokuchuo. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る