このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
四国中央市 手をつなぎ、明日をひらく元気都市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで
印刷

本文ここから

水洗便所への改造と排水設備工事の進め方

更新日:2013年6月13日

 公共下水道が整備され、下水処理場で汚水を処理することができる区域を「処理区域」といいます。
 お住まいの地域が処理区域内になりますと、くみ取り便所は3年以内に公共下水道に直接流す水洗トイレに改造しなければなりません。(下水道法第11条の3)
 また、個人の敷地内に台所や浴室、洗濯などの汚水を直接公共下水道へ流すための「排水設備」を速やかに作らなければなりません。(下水道法第10条、四国中央市下水道条例第4条)

排水設備(水洗化)工事の進め方

1.市が指定した指定工事店に工事の見積りを依頼します

 排水設備(水洗化)工事をするときは、必ず市が指定した指定工事店へご依頼ください。指定工事店は基準に合った設備を作るために必要な技術を取得しており、市に提出する書類の作成、届出などの手続きを代行します。

2.依頼を受けた指定工事店は、現地調査、設計、見積りをします。

 指定工事店と便器の種類や施工方法などについて十分打ち合わせをしてください。見積書が適正であれば、工事の契約を行います。

3.指定工事店は工事の確認申請書を作成し、市に提出します

 排水設備等新設(増設・改築)確認申請書の作成、提出は指定工事店が代行します。書類は十分確認した後に署名、押印してください。

4.市は確認申請書をもとに施工方法などが適正かどうか審査し、工事の許可をします。

 審査に合格すると確認申請書が「確認済み」の判が押され、1部返却されます。確認を受けた後でなければ、工事に着手することはできません。

5.指定工事店は工事に着手します

 既設便槽内のくみ取りを指定工事店と相談のうえ、依頼します。便槽は、清掃消毒したあと、土砂で埋めます。浄化槽の廃止も同様ですが、土砂の埋め戻しは必要に応じて行ってください。)その後、水洗トイレの便器と給水タンク据え付け、給水管の配管工事をします。
トイレ、台所、浴室などの排水口から公共汚水桝までの間を排水管やマスで接続し、工事は完成します。

6.指定工事店は工事完成後5日以内に工事完了届けを市に提出します

7・市は工事完了届により排水設備の完了検査を行います

 完了検査は確認申請書のとおりに工事が行われたかどうか確認するものです。不良な工事箇所があった場合は、指定工事店に手直しを命じます。

8.指定工事店に工事代金を支払います

 依頼人と指定工事店の契約により完了検査以前に工事代金を支払うことにしている場合は、検査前に支払うことになります。

9.依頼人は下水道使用開始届けを市に提出し、使用することできるようになります

指定工事店が代行して工事完了届と併せて開始届けを提出してもかまいません。

10.下水道使用料の徴収が始まります

 通常、水道料金として上水道使用料と併せて下水道使用料を徴収します。
使用水源が上水道のみであれば、上水道の使用水量をもって下水道使用料も計算します。完了検査を行った翌月水道検針分(毎月10日ごろ)から計算し、その翌月に徴収が始まります。
(例)4月に完了検査が行われると、5月の検針で使用料が計算され、、6月に徴収が開始されます。

お問い合わせ

四国中央市 下水道課
住所:〒799-0413 四国中央市中曽根町500番地
電話:0896-28-6230

本文ここまで

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。
四国中央市役所 〒799-0497 愛媛県四国中央市三島宮川4丁目6番55号 電話:0896-28-6000 ファクス:0896-28-6056
Copyright (c) 2013 The City of Shikokuchuo. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る