このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
四国中央市 手をつなぎ、明日をひらく元気都市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで
印刷

本文ここから

省エネ改修に伴う固定資産税の減額について

更新日:2020年6月5日

住宅の省エネ改修工事を行った場合、翌年度の固定資産税が減額されます

対象住宅

次の全てに該当する住宅
 ・平成20年1月1日以前に建築された住宅(区分所有住宅を含む)
 ・賃貸でない住宅
 ・改修後の住宅の床面積の1/2以上が専ら居住用の住宅(併用住宅の場合)
 ・改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下のもの

工事内容

次の全てに該当する工事
 ・平成20年4月1日から令和4年3月31日までに工事を完了するもの
 ・省エネ改修工事費用が50万円以上(税込)であること(国又は地方公共団体からの補助金等を除く)
 ・次の改修工事(1は必須)により、各部位がいずれも現行の省エネ基準に新たに適合すること

  1.窓の改修工事(必須)
  2.床の断熱改修工事
  3.天井の断熱改修工事
  4.壁の断熱改修工事(外気等と接するものの工事に限る)

※改修工事の内容は、国土交通省告示第515号(平成20年4月30日)を参照にしてください。

減額内容

 翌年度分の1回に限り、固定資産税の3分の1を減額(120平方メートル分までを限度)。
※平成29年4月1日以降に省エネ改修工事を行ったことにより、認定長期優良住宅に該当することとなった場合は、翌年度分の1回に限り固定資産税の3分の2を減額(120平方メートル分までを限度)。

手続き

 改修工事完了後3ケ月以内に、下記記載の書類を税務課固定資産税係に提出してください。
  1.熱損失防止改修住宅減額申告書
  2.減額申告書納税義務者の住民票(市内在住の方は省略可)
  3.増改築等工事証明書
  4.省エネ改修工事が行われたことが確認できる書類
    (代金の領収書、工事内訳書、改修工事前後の写真等)
  5.長期優良住宅の認定通知書の写し(認定長期優良住宅の場合のみ)
  6.補助金を受けた場合、そのことを確認できる書類

注意事項

 新築住宅減額、耐震改修減額、その他の減額措置を受けている場合は、併用して省エネ改修の減額措置は受けられません。
 ただし、バリアフリー改修の減額措置に限り併用することができます(合わせて3分の2を減額)。

申請書

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

四国中央市 税務課
住所:〒799-0497 四国中央市三島宮川4丁目6番55号
・市民税係(市県民税について) 電話:0896-28-6009
・固定資産税係(固定資産税について) 電話:0896-28-6205
・諸税係(軽自動車税、法人市民税等について) 電話:0896-28-6010
・収納係(市税の納付について) 電話:0896-28-6011
ファクス(共通):0896-28-6058
Eメール:zeimuka@city.shikokuchuo.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。
四国中央市役所 〒799-0497 愛媛県四国中央市三島宮川4丁目6番55号 電話:0896-28-6000 ファクス:0896-28-6056
Copyright (c) 2013 The City of Shikokuchuo. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る