このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
四国中央市 手をつなぎ、明日をひらく元気都市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで
印刷

本文ここから

税金の納付等について

更新日:2018年5月25日

収納係について

収納係では、

  • 納税奨励に関すること
  • 市税の納付、口座振替に関すること
  • 納税に関する相談
  • 滞納整理に関すること

を行っています。

平成30年度市税の納期限について

納期限 固定資産税 市県民税 軽自動車税

1期

5月31日 7月2日 5月31日
2期 7月31日 8月31日  
3期 12月25日 10月31日  
4期 2月28日 1月31日  

 各税金は、毎年1月1日を基準日として課税されます。ただし、軽自動車税については4月1日を基準日とします。

市税を滞納すると

 決められた納期限までに納付しないことを滞納といいます。滞納すると、まず督促状が送付され、次に文書や電話などで催告されます。督促状が送付されてから納付する場合は、1通につき督促手数料100円が加算されます。
 そして、督促状を発した日から起算して10日を経過した日までに完納しないときは、財産(給与、預貯金、不動産など)の差押えなどの滞納処分がとられる場合があります。
 また、高額、悪質滞納者は、愛媛地方税滞納整理機構へ移管される場合もあります。この組織は、市町税の徴収を専門に行う県内全市町加入の一部事務組合で、滞納案件を市町から引継ぎ、不動産・給与・年金・保険・預貯金などの差押えや公売などの滞納処分を中心とした滞納整理を行います。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛媛地方税滞納整理機構のホームページ(外部サイト)

 なお、市税を納期限内に納付しないと、翌日から延滞金が加算されます。これは、納期内に納付した人との公平性を保つための制度です。

延滞金について

平成25年12月31日までの延滞金の割合
  本則 特例 平成25年中の割合

納期限の翌日から
1カ月を経過した日以降

14.6% 特例なし 14.6%

納期限の翌日から
1カ月を経過する日まで

7.3% 特例基準割合(注1) 4.3%
平成26年1月1日以後の延滞金の割合
  本則 特例 平成26年中

納期限の翌日から
1カ月を経過した日以降

14.6%

特例基準割合(注2)
+7.3%

9.2%

納期限の翌日から
1カ月を経過する日まで

7.3%

特例基準割合(注2)
+1%

2.9%
 

本則

特例

平成27年から

納期限の翌日から
1カ月を経過した日以降

14.6%

特例基準割合(注2)
+7.3%

9.1%

納期限の翌日から
1カ月を経過する日まで

7.3%

特例基準割合(注2)
+1%

2.8%

 

本則

特例

平成29年から

納期限の翌日から
1カ月を経過した日以降

14.6%

特例基準割合(注2)
+7.3%

9.0%

納期限の翌日から
1カ月を経過する日まで

7.3%

特例基準割合(注2)
+1%

2.7%


本則

特例

平成30年から

納期限の翌日から
1カ月を経過した日以降

14.6%

特例基準割合(注2)
+7.3%

8.9%

納期限の翌日から
1カ月を経過する日まで

7.3%

特例基準割合(注2)
+1%

2.6%


注1.各年の前年の11月30日の日本銀行法第15条第1項第1号の規定により定められる商業手形の基準割引率(従来の公定歩合のこと)に、年4%を加算した割合
注2.租税特別措置法第93条第2項の規定により財務大臣が告示する割合(各年の前々年の10月から前年の9月までの各月における国内銀行の新規の短期貸出約定平均金利の合計を12で除して得た割合)に、年1%を加算した割合

口座振替について

納税は便利で確実、安全な口座振替をおすすめします。

対象税目

  • 市県民税(普通徴収分)
  • 固定資産税
  • 軽自動車税
  1. 納期ごとに、金融機関などに行く手間が省けます。
  2. うっかり納め忘れがなくなります。
  3. 納税のために現金を持ち歩く必要がなくなります。

口座振替の手続き

 口座振替を希望される方は、下記の金融機関の窓口へ預金通帳と届出印を持参し、「四国中央市市税等預金口座振替依頼書」にご記入のうえ、お手続きください。
※口座引落しは口座振替依頼書が受領された月の翌月の納期分から納期限に口座引落しとなります。

納期 市県民税 固定資産税 軽自動車税
1期

6月

4月(評価替年は5月) 5月
2期 8月 7月  
3期 10月 12月  
4期 1月 2月  

取扱金融機関

伊予銀行、愛媛銀行、香川銀行、四国銀行、中国銀行、百十四銀行、広島銀行、愛媛信用金庫、川之江信用金庫、観音寺信用金庫、東予信用金庫、四国労働金庫、うま農業協同組合、ゆうちょ銀行(郵便局)、愛媛県信用漁業協同組合連合会(口座振替のみ)

市税の一括納付が困難な方へ

 市税は、納期限内に納付していただくものです。そのため、納期限が過ぎている市税については、一括納付をお願いしています。
 一括納付が困難な場合は、お早めにご相談ください。

納税の猶予制度について

 市税は納期限内に納付していただくものですが、特別な事情があり市税を一括納付できないときには、猶予の申請をすることで納期限を延長できる場合があります。

  • 徴収猶予

 理由 1.財産が災害(震災、風水害、火災など)や盗難にあったとき
     2.本人や生計を一にする親族が病気などしたとき
     3.事業に大きな損害を受けたとき
     4.事業を休廃止したとき
     5.上記1~4に類する事実があったとき
 期間 原則1年以内

  • 申請による換価の猶予(差押財産の換価猶予)

 理由 財産の換価をすることで、事業の継続・生活維持を困難にする恐れがあるとき
 期間 原則1年以内
  
 
※猶予を受けることができる期間は、1年の範囲内で、申請者の財産や収支の状況に応じて、最も早く市税を完納することができると認められる期間に限られます。

※上記の理由で1年以内の期間に限り、納税や財産の換価が猶予され猶予期間内での分割納付ができますが、猶予期間までに完納できないときは猶予を取消し滞納処分を進めます。

※猶予の申請をするときは、必要書類の提出が必須となります。また猶予する金額が100万円を超え、かつ猶予期間が3月を超えるときは担保の提供が必要となります。

お問い合わせ

四国中央市 税務課
住所:〒799-0497 四国中央市三島宮川4丁目6番55号
電話:0896-28-6009 ファクス:0896-28-6058
Eメール:zeimuka@city.shikokuchuo.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。
四国中央市役所 〒799-0497 愛媛県四国中央市三島宮川4丁目6番55号 電話:0896-28-6000 ファクス:0896-28-6056
Copyright (c) 2013 The City of Shikokuchuo. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る