このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
四国中央市 手をつなぎ、明日をひらく元気都市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで
印刷

本文ここから

介護サービスを利用するには

更新日:2017年3月17日

介護保険制度の各サービスを受けるには、まず要介護認定を受ける必要があります。

申請

本庁高齢介護課又は各庁舎福祉窓口で要介護認定申請をします。
申請は、家族・指定居宅介護支援事業所・各介護保険施設が代行して行ってもかまいません。

申請に必要なもの

  1. 申請書(用紙は窓口にあります)
  2. 被保険者及び申請代行者の方の認印
  3. 主治医(かかりつけ医)意見書(費用は無料)※主治医(かかりつけ医)がいない場合、市指定医師の診断を受けます。
  4. 介護保険被保険者証、健康保険証(第2号被保険者の方のみ)

訪問調査

申請が出されると、市が委託した介護認定調査員がご自宅を訪問し、心身の状態や日中の生活、家族・居住環境などについて聞き取り調査をします。

※調査は本人について行いますが、家族の方等の立会いが必要です。
調査内容:「基本調査」(74項目)、「概況調査」、「特記事項」

要介護度認定

調査結果と主治医意見書をもとに、介護の要否・必要程度(要介護度)を認定します。認定は一次判定、二次判定の2段階で行われます。

  • 一次判定:訪問調査の結果や、主治医意見書の一部の項目をコンピュータ入力し行います。
  • 二次判定:一次判定の結果と主治医意見書をもとに、保健・医療・福祉の専門家で構成する「介護認定審査会」で総合的に審査・判定をします。

結果の通知

  • 通知は、申請から原則30日以内に届きます。
  • 要介護認定で要介護(支援)度が決定したら(サービスの利用については要介護認定申請後利用可能)、要介護(支援)度ごとに設定されている限度額以内で介護保険のサービスを利用することができます。

居宅サービス

利用の流れ

  1. サービスを提供する居宅介護支援事業所へ、居宅サービス計画の作成を依頼します。同時に、市へ居宅サービス計画作成依頼届出を提出します。
  2. ケアマネジャーが本人や家族の希望を入れて、認定結果に応じて定められた支給限度額の範囲内で各サービスを組み合わせ、居宅サービス計画を作成します。※居宅サービス計画作成料は無料です。また、自分で作成することもできます。
  3. 作成された居宅サービス計画にもとづき、サービス提供が開始されます。

(要支援1・2と認定された人は地域包括支援センターに連絡し、ご本人やご家族と話し合いがなされた上で、地域包括支援センターの職員が中心となって介護予防ケアプランが作成され、それにもとづいて介護予防サービスが提供されることとなります。)

施設サービス

  • 入所している施設内で作成される「施設介護サービス計画」にもとづき、サービス提供が開始されます。
  • 入所希望の場合は、希望の施設へ直接申し込んでください。

お問い合わせ

四国中央市 高齢介護課
住所:〒799-0497 四国中央市三島宮川4丁目6番55号
電話:0896-28-6025

本文ここまで

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。
四国中央市役所 〒799-0497 愛媛県四国中央市三島宮川4丁目6番55号 電話:0896-28-6000 ファクス:0896-28-6056
Copyright (c) 2013 The City of Shikokuchuo. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る