このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
四国中央市 手をつなぎ、明日をひらく元気都市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • ENGLISH
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

熱中症に注意しましょう!

更新日:2018年7月23日

熱中症とは

「熱中症」とは、高温、多湿などの環境や、激しい労働や運動によって体にたまる熱などに体が十分に対応できず、体内の水分や塩分(ナトリウム)のバランスが崩れ、また体温の調節機構が破綻するなどの原因で起こる症状の総称です。
熱中症は室内であっても、暑過ぎたり湿度が高過ぎれば起こります。実際に熱中症の2割以上は室内で起こっていますので、室内にいても予防する必要があります。

熱中症になりやすい条件

【なりやすい環境】

  • 気温が高い
  • 湿度が高い
  • 風が弱い
  • 日差しが強い

(例)運動場、体育館、一般の家庭の風呂場、機密性の高い部屋など

【なりやすい人】

  • 脱水状態にある人
  • 乳幼児
  • 高齢者
  • 肥満の人
  • 暑さに慣れていない人
  • 睡眠不足の人
  • 体調の悪い人
  • 心臓疾患や糖尿病など基礎疾患がある人

熱中症を予防するためには

  • こまめに水分補給をしましょう。(約2時間に1回ずつ、コップ一杯程度の水分補給)

   ※たくさん汗をかく場合には塩分も補給しましょう。

  • 屋外では暑さを避けましょう。(帽子や日傘の利用、日陰を選んで活動、など)
  • 屋内では高温・多湿に注意しましょう。(日差しの遮断、エアコン・扇風機などの利用)
  • 着用する衣服は、吸水性に優れ通気性の良いものを選びましょう。
  • 暑い日は無理な運動は避けましょう。
  • 体調管理に努めましょう(睡眠・食事)

熱中症の症状

I度(応急処置で対応できる軽症)

  • めまい・失神

 「立ちくらみ」という状態で、脳への血流が瞬間的に不十分になったことを示し、「熱失神」とも呼びます。

  • 筋肉痛・筋肉の硬直

 筋肉の「こむら返り」のことで、その部分の痛みを伴います。発汗に伴う塩分(ナトリウム)の欠乏により生じます。「熱けいれん」とも呼びます。

  • 大量の発汗

II度(病院への搬送を必要とする中等症)

  • 頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感

 体がぐったりする、力が入らないなどがあり、従来から「熱疲労」「熱疲弊」といわれていた状態です。

III度(入院して集中治療の必要性のある重症)

  • 意識障害・けいれん・手足の運動障害

 呼びかけや刺激への反応がおかしい、体にガクガクとひきつけがある、まっすぐに走れない・歩けないなどの状態です。

  • 高体温

 体に触ると「熱い」という感触です。従来から「熱射病」や「重度の日射病」といわれていたものがこれに相当します。

熱中症の疑いがあるときは

1、 身体を冷やす

  • 風通しのよい日陰、できればクーラーが効いている室内等に避難させましょう。
  • 衣服を緩めたり、脱がせたりしましょう。
  • 皮ふに水(濡らしたタオル)をかけて、うちわや扇風機であおぐことで体を冷やしましょう。
  • 首、わきの下、太ももの付け根といった太い血管のある位置を冷やすと効果的です。

2、水分・塩分の補給

  • 冷たい水で水分を補給しましょう。
  • 大量の発汗がある場合は、スポーツドリンクや食塩水(1リットルに1グラムから2グラムの食塩)といった塩分の補給も必要です。

ただし、意識がない場合は、水分が気道に流れ込む可能性があるので、与えないでください。

3、医療機関へ運ぶ

頭痛・吐き気、意識がないなどの全身状態が悪いときは、救急車を呼ぶなどして緊急で医療機関へ搬送することが最優先の対処方法です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【参照】環境省熱中症予防情報サイト

お問い合わせ

四国中央市 保健推進課
住所:〒799-0497 四国中央市三島宮川4丁目6番53号
電話:0896-28-6054 ファクス:0896-28-6110

本文ここまで

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。
四国中央市役所 〒799-0497 愛媛県四国中央市三島宮川4丁目6番55号 電話:0896-28-6000 ファクス:0896-28-6056
Copyright (c) 2013 The City of Shikokuchuo. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る