ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者向け > 入札・契約 > 工事・コンサル・業務 > 【まとめ】新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた建設工事及び業務への対応について

本文

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた建設工事及び業務への対応について

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0003053 更新日:2021年8月26日更新

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について、国等の通知を踏まえ、施工中の市発注工事(設計、調査及び測量等を含む)及び業務を以下のとおり取り扱います。

(令和2年4月7日事務連絡)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた工事及び業務の今後の対応等について[PDFファイル/79KB]

1 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた対応

施工中の市発注工事において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた観点から、一時中止又は工期の延長を検討される場合は、市として柔軟な対応を行いますので、監督員を通じて管理課までご相談ください。

なお、以下の資料を参照のうえ、感染拡大防止対策の徹底をお願いいたします。

建設業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン<外部リンク>(令和3年5月12日改訂版)(国土交通省)
建設現場「三つの密」の回避等に向けた取組事例<外部リンク>(国土交通省)
【新型コロナ対策】対策に伴う熱中症リスク軽減等のための取組事例<外部リンク>(国土交通省)

2 新型コロナウイルス感染症への感染が確認された場合の対応

市発注工事の従事者に感染が確認された場合の対応として、該当する市発注工事においては、直ちに一時中止を要請することとします。なお、その際の施工又は履行に関して、不利益が生じないよう対応します。
また、その他の業務については、個々に対応することとします。

工事現場等において、感染者または濃厚接触者が確認された場合は、以下のフロー図により対応をお願いします。特に、発注者への報告は速やかに行っていただきますようご協力お願いいたします。

工事現場等で新型コロナウイルス感染者等が確認された場合の対応(フロー図) [PDFファイル/564KB]

3 検査、打合せ等における取扱い

(1)可能な限り、電話等を用い、対面しない形式で実施します。

(2)対面して実施する場合は、必要最小限の参加者としてください。

(3)検査・打合せ等に出席した受発注者双方の全員の氏名を記録しますので、ご協力ください。

4 工事等の従事者の感染拡大地域との往来

工事等への従事、又は検査、打合せ等に参加するための感染拡大地域(緊急事態措置地域及びまん延防止等重点措置区域)との往来は避けてください。

(参考)国・県からの発出文書

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)