ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 教育・生涯学習 > 書道パフォーマンス甲子園 > 書道パフォーマンス甲子園 > 第15回大会 予選審査員パフォーマンス部門について

本文

第15回大会 予選審査員パフォーマンス部門について

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0026159 更新日:2022年5月14日更新

 第15回大会予選審査員パフォーマンス部門は下記のとおりです。
 予選の審査は、全国を7つのブロックに分けて、書道部門2名、パフォーマンス部門2名の合計4名で審査を行います。

 
No. 氏名 所属等
1 石川 洋一 元集英社 学芸編集部 編集長、歌人
鎌倉ペンクラブ常任幹事、日本ペンクラブ会員
2 石原 久佳 株式会社ディーエスケイ 代表取締役
3 伊藤 由美子 映像ディレクター
4 牛山 眞貴子 愛媛大学 社会共創学部 地域資源マネジメント学科 教授
5 木村 行伸 いろは出版株式会社 代表
6 花柳 幸舞音 花柳流師範(花柳流本部委員)
尚美学園大学 芸術情報学部 非常勤講師
7 平井 愛子 京都芸術大学 舞台芸術学科 教授
8 福田 卓郎 脚本・演出家、劇団Dotoo‼ 主宰
日本大学 芸術学部 映画学科 講師

 

 

石川 洋一(いしかわ よういち)

2

元集英社 学芸編集部 編集長、歌人
鎌倉ペンクラブ常任幹事、日本ペンクラブ会員

1974年、早稲田大学卒。株式会社集英社、入社。
以後、明星編集部、週間明星編集部、セブンティーン編集部、メディアミックス編集部、デジタルメディア部、学芸編集部等にて、雑誌と書籍の編集やコンテンツのデジタル化、小説やコミックの映像化に携わる。
この間、学芸編集部編集長、分冊百科『週間ふるさと百名山』編集長、開高健ノンフィクション賞委員等を務める。
集英社を定年退職後、2014年から2021年まで駒沢大学、関東学院大学、都留文科大学において非常勤講師。

 

 

石原 久佳(いしはら ひさよし)

5

株式会社ディーエスケイ 代表取締役

音楽活動を経て、1996年音楽出版社のリットーミュージックへ入社。『ベース・マガジン』『ダンス・スタイル』などの雑誌編集長を歴任する。2011年には株式会社ディーエスケイを設立、2015年より高校ダンス部マガジン『ダンスク!』の運営を開始。書道家の父親を持つ。

 

 

伊藤 由美子(いとう ゆみこ)

4

映像ディレクター

映像監督。
東京都と兵庫県と埼玉県で育つ。
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科にて、主に広告とアニメーションを学ぶ。
(株)東北新社入社後、TVCMの企画演出を経て、映像監督として独立。
登場人物の心の機微や揺らぎを絶妙に表現する演出に定評があり、長年数々の話題作を手掛けている。
これまでの作品に、大王製紙エリエール / 大塚製薬ポカリスエット / ユニクロ / 日本コカ・コーラ / サントリー/ 任天堂 / TBC / 味の素 / P&G / Nttdocomo / Panasonic  / カゴメ / KOSE / NIKO and… / アサヒ飲料カルピスなど、多数。
TVCM以外に、ミュージックビデオや短編映画、WEBムービー等の企画演出の他、キャラクターデザイン、写真と絵のコラージュユニット『Sanayumi』連載等、活動は多岐に渡る。

 

 

牛山 眞貴子(うしやま まきこ)

8

愛媛大学 社会共創学部 地域資源マネジメント学科 教授

国立大学広島大学教育学部高校教員養成課程保健体育専攻卒業 学士(教育)
国立大学お茶の水女子大学修士課程人文科学研究科舞踊教育学専攻修了 修士(文学)
国立大学愛媛大学教育学部 教授
国立大学法人愛媛大学社会共創学部設置に伴い、社会共創学部教授
国立大学法人愛媛大学教育研究評議員(2019~2024)
国立大学法人愛媛大学地域協働センター南予 兼任教授(2019~2024)

【賞歴】
・愛媛県文化協会奨励賞(個人)
・愛媛新聞社「愛ウェーブ2003」受賞(団体)
・国際ソロプチミスト日本財団 平成18年度社会ボランティア賞(個人)
・関奉仕財団 教育文化奨励賞(個人)
・公社)日本女子体育連盟JAPEW優秀指導者賞(個人)
・第36回愛媛出版文化賞(奨励賞)「愛媛学を拓く」(共著・団体)

【社会貢献活動等】
・第72回国民体育大会愛媛国体イメージソングダンス振付を担当
・全日本高校大学ダンスフェスティバル神戸審査委員(高校部門、大学部門)
・兵庫県高校総体ダンス大会 審査委員長
・沖縄ダンスフェスティバル高校生作品部門講評者・審査委員
・文部科学省新学習指導要領(2015)中学校保健体育「ダンス指導のためのリーフレット」作成委員

 

 

木村 行伸(きむら ゆきのぶ)

2

いろは出版株式会社 代表

 数多くの詩や写真を発表するほか、全国各地で講演などを行う。

 

 

花柳 幸舞音(はなやぎ さちまいね)

6

花柳流師範(花柳流本部委員)
尚美学園大学 芸術情報学部 非常勤講師

日本舞踊家
花柳流師範
日本大学芸術学部卒業
尚美学園大学非常勤講師

【賞歴】
・東京新聞第2回日本舞踊新鋭賞
・第47回舞踊批評家協会賞新人賞
・文化庁主催「各流派合同新春舞踊大会」にて最優秀賞
・その他、日本大学芸術学部川野希典賞、日本芸能実演家団体協議会奨励賞など多数受賞

【社会貢献活動等】
・2015年明治神宮春の大祭にて奉納舞踊「長唄 藤娘」
・ドイツフランクフルト「ニッポンコネクション2017」招聘出演
・韓国大邱「International Duo Festival」招聘出演
・中国北京「2019 China Annual Conference for  International Education」招聘出演
・文化庁巡演公演事業出演、神奈川県主催子どもへの講師など普及活動多数

 

 

平井 愛子(ひらい あいこ)

7

京都芸術大学 舞台芸術学科 教授

文学座付属演劇研究所を経て88年渡米。ニューヨーク大学演劇学科(New York Univ. Tisch School of the Arts)卒業後、LaMaMa e.t.cをはじめとするオフ・ブロードウェイやリジョナル・シアターで俳優、演出家として活動する傍ら、日米交流を目的とした舞台芸術を企画制作するStage Media Inc.を設立。また大学卒業後もメソッド演技指導の第一人者、トニー・グレコ氏に継続的に師事。メソッド演技指導法を習得する。03年帰国後は、東京都足立区・シアター1010の劇場立ち上げからプロデューサーとして参加。10作品以上の企画制作に携わる。07年より京都芸術大学(旧・京都造形芸術大学)・舞台芸術学科准教授(現教授)。

【社会貢献活動等】
・日本演劇学会理事
・2012年度、2019年度近畿高等学校演劇研究大会 専門審査員
・第39回近畿高等学校総合文化祭 京都大会 総合開会式プロデュース

 

 

福田 卓郎(ふくだ たくろう)

1

脚本・演出家、劇団Dotto‼ 主宰
日本大学 芸術学部 映画学科 講師

日本大学芸術学部映画学科卒業
東宝演劇演出部を退社後、自らの劇団Dotoo!(ドトォ!)を旗揚げし、現在に至る
テレビや映画、舞台の脚本家、演出家として多数の作品を手がける
主な執筆作品に映画『就職戦線異状なし』『愛を積む人』 テレビ『トリック2』『警部補矢部謙三』『噂の女』『仮面ライダーセイバー』など
日本脚本家連盟、日本劇作家協会 会員
日本大学 芸術学部 映画学科 講師

【賞歴】
1998年ACC最優秀スポットCM賞・民放祭優秀賞

【社会貢献活動等】
The 7th Asia University Film Festival 審査員