ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルスワクチン接種特設サイト

本文

新型コロナウイルスワクチン接種特設サイト

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0016347 更新日:2022年9月26日更新

ワクチンの接種方針

四国中央市では、新型コロナワクチン接種の実施にあたって、接種を希望するすべての方々にできる限り早期に、安全・安心・適切に接種いただけるよう、医師会など、多くのみなさまのご協力のもとに取り組んでいます。接種機会をできるだけ多く確保するため、医療機関(ご自身のかかりつけ医など)での個別接種と、大規模接種会場での集団接種を併用して実施しています。

新型コロナワクチン接種を希望される方

新型コロナワクチン初回(1回目・2回目)接種

12歳以上の方で初回(1回目・2回目)接種の方こちらのページをご覧ください。

新型コロナワクチン追加(3回目)接種

※2022年10月1日よりオミクロン株対応(2価)ワクチンでの接種となります。

12歳以上の方で初回接種を完了した方こちらのページをご覧ください。

新型コロナワクチン追加(4回目)接種

※2022年10月1日よりオミクロン株対応(2価)ワクチンでの接種となります。

12歳以上の方で追加(3回目)接種を完了した方こちらのページをご覧ください。

新型コロナワクチン追加(5回目)接種

※オミクロン株対応(2価)ワクチンでの接種となります。

従来株(1価)ワクチンで追加(4回目)接種を完了した方こちらのページをご覧ください。

新型コロナワクチン小児(5歳~11歳)接種 <初回(1、2回)接種/追加(3回目)>

(1)初回(1・2回目)接種

5歳から11歳の方で初回(1回目・2回目)接種の方こちらのページをご覧ください。

(2)追加(3回目)接種

5歳から11歳の方で初回(1回目・2回目)を接種を完了した方こちらのページをご覧ください。​

ワクチンの効果・副反応

新型コロナワクチンの接種は強制ではありません。接種の効果と副反応のリスクの両方をご理解いただいた上で接種するかどうかご検討ください。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

住所地外接種

原則として、新型コロナワクチンは住民票所在地の市町村で接種を受けます。
ただし、住民票所在地以外に長期間滞在しているなど、やむを得ない事業がある場合は、事前に接種を行う医療機関などが所在する市町村に届け出ることにより、住所地外で接種を受けることができます。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

接種証明書

新型コロナワクチンの接種証明書(電子版・紙媒体)を発行できます。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

ワクチンの接種状況

令和4年9月20日(火曜日)17時30分現在

1・2回目接種

区分

四国中央市総人口数(A)

接種済人数(B) 接種率(B/A)
1回目接種 84,404人

69,951人(前日比+4)

82.9%(前日比+0.0)
2回目接種 84,404人 69,556人(前日比+10)

82.4%(前日比+0.0)

※総人口(A)は、令和4年1月1日時点の総人口です。

追加(3回目)接種

 
区分 四国中央市総人口(A) 接種済人数(B)

接種率(B/A)

追加(3回目)接種 84,404人 55,630(前日比+10)

65.9%(前日比+0.0)

※総人口(A)は、令和4年1月1日時点の総人口です。

関連リンク

新型コロナワクチンについて(厚生労働省)<外部リンク>

新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)<外部リンク>

新型コロナワクチンについて(首相官邸)<外部リンク>

新型コロナウイルス感染症に関する情報(愛媛県)<外部リンク>


集団接種
職域接種
接種済証明書の発行