ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 環境・まちづくり > イベント > イベント情報 > 【伊予手漉き和紙振興会×地域おこし協力隊企画】「手漉き和紙製造の裏側を見てみよう」イベントのお知らせ

本文

【伊予手漉き和紙振興会×地域おこし協力隊企画】「手漉き和紙製造の裏側を見てみよう」イベントのお知らせ

12 つくる責任 つかう責任15 陸の豊かさも守ろう
印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0031381 更新日:2022年11月8日更新

【伊予手漉き和紙振興会×地域おこし協力隊企画】
「手漉き和紙製造の裏側を見てみよう」イベントのお知らせ

 普段は見ることができない手漉き和紙の原料準備の工程について、見学や体験を通して知っていただくイベントを新宮の手漉き和紙工房にて開催いたします。手漉き和紙の原料は、新宮町内で栽培された三椏(ミツマタ)を使い、本イベントにて下処理した三椏を用いて、新宮小学生が手漉きで年賀状用のはがきを作成します。前編(要予約)と後編の2回に分けて開催予定です。皆さま奮ってご参加ください。

日時

 前編:原料の皮剝ぎ体験
 令和4年12月10日(土曜日) 13時00分~16時00分(要予約・定員10名・先着順)
 ※新宮茶のおもてなしもございます。

 後編:原料を茹でる工程の見学
 令和4年12月18日(日曜日) 9時00分~16時00分(自由見学・時間内であればいつでもお越しください)

場所

 多羅富來和紙工房(新宮町馬立1517)

 ※駐車場は工房周辺で駐車のご案内をいたします。

参加料

 前編・後編ともに無料

講師

 多羅富來和紙 代表 大西満王

お問い合わせ・お申し込み

 地域おこし協力隊 大廣 
 0896-28-6410(新宮公民館・平日8時30分~16時30分)

チラシ画像

手漉き和紙製造の裏側を見てみよう [PDFファイル/596KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)