ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 市民文化ホール建設関係 > 市民文化ホール企画運営実施計画

本文

市民文化ホール企画運営実施計画

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0003981 更新日:2020年9月7日更新

四国中央市市民文化ホール企画運営実施計画とは

 市民文化ホールは、四国のまんなかに位置するという地の利を生かした交流の場としての文化交流施設として整備されることとなっています。
 四国中央市市民文化ホール企画運営実施計画は、市民文化ホールの運営に関し、描かれている市民文化ホールのあり方を実現させるための具体的な手法や事業計画など、開館後の施設運営の手引きとなるものとして策定しました。

これまでの経緯について

 これまで、さまざまな立場の専門家、また市民を交えた委員会等での協議を踏まえて検討を行ってきました。平成22年9月には、ホールの大きな方向性を示す基本構想を策定し、平成25年8月には、公募委員を含む12人の市民からなる市民文化ホール企画・運営委員会にて協議し、ホール運営の基本的な方向性を示す市民文化ホール企画運営基本計画を策定しました。
 しかしながら、平成25年10月以降、3回に及ぶ請負工事の入札不調により、施設計画を大幅に見直し、施設規模を縮小して新たに設計をやり直すという方針が決定され、平成26年11月に市民文化ホール建設基本計画を策定しました。そのため、「四国中央市市民文化ホール企画運営実施計画」作成においては、企画運営基本計画の内容は踏襲しつつ、その基本的な考え方が新たな施設計画において実現可能であるかの検討を行いながらとりまとめています。

関連情報

市民文化ホール企画・運営委員会のページへ

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)