ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民部 > 市民くらしの相談課 > 消費生活施策に関する市長メッセージ

本文

消費生活施策に関する市長メッセージ

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0003993 更新日:2020年9月7日更新

悪質商法や契約トラブルなど、消費生活に関することは《市民くらしの相談課》にご相談ください!!!

 四国中央市では、消費者を取り巻くさまざまな厳しい環境に対応するため、「市民くらしの相談課」内に相談窓口を設置して、消費生活に関する相談や問題解決のために、助言やあっせん等を行っています。

 平成28年度において、153件の消費相談を受けましたが、その内容は、高齢者を狙う悪質商法や特殊詐欺など被害は後を絶たず、手口は複雑化、巧妙化をしており、消費生活を脅かす多くの問題が発生しています。

 こうしたトラブルを未然に防止するためには、相談窓口の資質の向上を図るとともに、消費者である市民の皆様が、悪質商法や特殊詐欺等に関する未然の知識と認識が必要不可欠でありますことから、広報誌、ホームページでの周知や出前講座の開催、また、イベントを利用した啓発活動を行うなど、消費者が必要な情報をいつでも知ることができるよう情報提供を行っております。

 また、スマートフォンの普及に伴い、こうした消費者トラブルに未成年者が巻き込まれるケースも増加していることから、未成年者に対するトラブル防止に関する講習の実施はもとより、賢い消費者として、より良い社会生活をおくることができるよう消費者教育の充実にも努めてまいりたいと考えております。

 今後とも、消費者の安全・安心を図るため、これまで以上に消費者行政の維持・強化に努めてまいりますので、市民の皆様も日頃から消費相談窓口であります、市民くらしの相談課から発信する情報にご注意をいただき、消費相談に関しましてお困りごとがございましたら、お早めにご相談ください。

平成30年2月6日 四国中央市長 篠原 実