ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民部 > 市民くらしの相談課 > 悪質な『訪問購入(押し買い)』にご注意ください!

本文

悪質な『訪問購入(押し買い)』にご注意ください!

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0003996 更新日:2020年9月7日更新

悪質な訪問購入(押し買い)とは

悪質な訪問購入(押し買い)とは、訪問した業者が貴金属等を相場よりも安く強引に買い取る行為をいいます。
「不要になった着物や洋服などを買い取る」などと電話をかけ、その後業者(主に男性)が訪問し、用意しておいたものはざっと見るだけで「貴金属はないか」などとしつこく言いなかなか帰らないため、消費者が怖くなるなどして仕方なく手持ちの貴金属を売却してしまうというものです。
売ったものを返してほしいと思っても、業者の連絡先がわからなかったり、「もう手元にはないしクーリングオフもできない」、「もう溶かしてしまった」などと断られたりします。

対処法、アドバイス

  • 平成25年2月21日より、訪問購入についてもクーリング・オフの制度が導入されました。法律で定められた書面を受け取った日から8日以内であれば無条件に取り戻すことができます。
  • 買い取りの契約をしたとしても、その場で品物を業者に引き渡す必要はありません。
  • 訪問購入で飛び込みの勧誘は禁止されていますので、知らない業者を家に入れないようにしましょう。
  • 貴金属を売るつもりがなければ、業者に見せず、渡さず、はっきりと断りましょう。
  • 業者への対応は家族や近所の人に同席してもらい、一人で対応しないようにしましょう。
  • ただし、家具や持ち運びが難しい家電、4輪自動車、書籍、CD、DVD、ゲームソフト類、有価証券は訪問購入のクーリング・オフ適用外ですのでご注意ください。
  • 暴言を吐かれたり、恐怖を感じたりしたときには警察にも相談しましょう。