ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

6月は土砂災害防止月間です!

11 住み続けられるまちづくりを13 気候変動に具体的な対策を
印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0042546 更新日:2024年6月1日更新
 土砂災害には、土石流(土や石が雨水と一体になって渓流や斜面を一気に流れ下る現象)、がけ崩れ(急斜面の土砂や岩が崩れ落ちる現象)、地すべり(山の斜面が広範囲にわたってゆっくり滑り落ちる現象)の3つの種類があります。

 梅雨の時期は長雨や集中豪雨によって、地すべりや土砂崩れなどの土砂災害が発生しやすくなります。いざという時のために、次のことを心掛けましょう。

〇テレビなどの気象情報、防災情報に注意する。
〇家のまわりの急傾斜地など危険な場所を確認しておく。
〇「おかしいな」「危ないな」と思ったら早めに避難する。

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?