ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・防犯・安全 > 消防署 > 火災予防にご協力ください

本文

火災予防にご協力ください

11 住み続けられるまちづくりを
印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0042453 更新日:2024年5月28日更新

火災が多発しています

 火災が多発しています。令和5年中に発生した火災件数は9件でしたが、令和6年5月27日現在ですでに11件の火災が発生し、昨年の件数を上回っています。
 火災の原因では人が起因したと思われる火災も多く発生しています。
これは火源となるものを放置したり、残り火の処置が不十分であったために発生したものです。
 火事は一瞬で大切な生活を奪い、財産を破壊します。どうか皆様一人ひとりが火災予防に心掛けていただきますようお願いいたします。
 
 
 これから夏場になりますが、夏場であってもバーべキューや花火など火を取り扱う機会があります。また、日々の生活の中でもたばこの火の始末や、コンセントの過剰な使用など身近なところに火災の原因はあります。火の取扱いや後始末には十分注意してください。
出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/)

住宅用火災警報器を設置しましょう

 もし発生してしまった火災から被害を軽減するには、早期の発見が必要です。もしものために住宅用火災警報器を設置しましょう。
 また、設置の義務化から10年以上が経過しています。定期的に点検を行い、10年を目安に交換しましょう。
出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/)

四国中央市では住宅用火災警報器の取付支援を行っています

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?