ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 人事・採用 > 採用情報(正規職員) > 令和3年度 四国中央市職員採用試験の実施について(前期A及びB日程が公表されました。)

本文

令和3年度 四国中央市職員採用試験の実施について(前期A及びB日程が公表されました。)

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0002930 更新日:2021年4月1日更新

今年度の採用試験は、前期A日程から後期C日程にて実施します。特に、前期B日程では『民間企業等での経験を持った即戦力の人材』の採用を目的に実施します。

令和3年度 四国中央市職員採用試験実施日程
日程 試験区分 職種

対象年齢

(令和4年4月1日時点)

公表時期

前期A日程 上級 一般事務、技術職(土木・建築・電気・機械・化学)、保健師、消防職、学芸員(埋蔵文化財) 29歳まで 4月1日
心理判定員 39歳まで
中級 技術職(土木・電気・機械)、保育士/幼稚園教諭 29歳まで
作業療法士、言語聴覚士 39歳まで
消防職(救急救命士) 25歳まで

前期B日程
民間企業等経験者区分

上級 一般事務職、技術職(土木・建築)、消防職、学芸員(埋蔵文化財)、情報技術職

30歳から

49歳まで

4月1日
中級 技術職(土木)、保育士/幼稚園教諭、消防職、言語聴覚士、情報技術職
後期C日程 上級 管理栄養士 29歳まで 6月1日
福祉職(社会福祉士・精神保健福祉士) 34歳まで
初級 一般事務職、技術職(土木)、消防職 25歳まで
一般事務職(障がい者) 29歳まで

令和3年度(前期A日程)四国中央市職員採用試験について

従来の試験内容のうち「グループディスカッション面接」を廃止し、面接試験形式は個人面接のみとします。

※詳細については募集要綱をご確認ください。

   ・令和3年度(前期A日程)四国中央市職員採用試験実施要綱 [PDFファイル/278KB]

   ・令和3年度(前期A日程)四国中央市職員採用試験申込書 [PDFファイル/116KB]

   ・令和3年度(前期A日程)四国中央市職員採用試験受験票 [PDFファイル/141KB]

令和3年度(前期B日程)四国中央市職員採用試験について

「民間企業などでの経験者」を対象とします。教養試験については『公務員試験対策不要』の試験内容にて実施します。
※詳細については募集要綱をご確認ください。

   ・令和3年度(前期B日程)四国中央市職員採用試験実施要綱 [PDFファイル/270KB]

   ・令和3年度(前期B日程)四国中央市職員採用試験申込書 [PDFファイル/117KB]

   ・令和3年度(前期B日程)四国中央市職員採用試験職務経歴書 [PDFファイル/102KB]

   ・令和3年度(前期B日程)四国中央市職員採用試験受験票 [PDFファイル/141KB]

申込手続

  1. 申込書及び受験票の請求
     四国中央市役所総務部人事課(市役所5階。以下「人事課」という。)及び各市民窓口センターでお渡しします。また、このページ内からもダウンロードも可能です。
  2. 申込手続
     申込書、受験票等に必要な事項を記入し、人事課へ提出してください。申込の受付と同時に受験票を交付いたします。
     なお、郵送による申し込みの場合は、封筒の表に「受験申込」と朱書し、簡易書留で郵送してください。また、あて先を書いた返信用封筒(長3封筒)に84円分の切手を貼り、必ず同封してください。簡易書留の控えは、受験票が届かないときの確認手段となりますので、受験票が届くまで大切に保管してください。前期各日程は令和3年6月25日(金曜日)までに受験票が届かない場合は、人事課へ問合せください。)なお、ホームページからの申し込みはできません。

前期各日程

 令和3年4月5日(月曜日)から6月11日(金曜日)までの執務時間中(土曜日・日曜日及び祝日を除き午前8時30分から午後5時15分まで)人事課で受け付けます。
 なお、郵送の場合は、令和3年6月11日(金曜日)までの消印のあるものに限り受け付けます。

受験資格

  1. 日本国籍を有する者、地方公務員法第16条各号のいずれにも該当しない者(12.地方公務員法抜粋を参照)
  2. 四国中央市に居住する者又は採用後市内に居住可能な者で、次表に該当する者

参考(地方公務員法抜粋)

(欠格条項)
第16条 次の各号のいずれかに該当する者は、条例で定める場合を除くほか、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。

  1. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  2. 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  3. 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、第60条から第63条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者
  4. 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

その他(問い合わせ・請求・照会)

 受験手続、その他不明な点は人事課へお問い合わせください。また、本試験に関して内容の変更や追加等のお知らせがある場合は、本ホームページに随時掲載いたしますので、受験前に必ずご確認ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)