ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金(個人) > 市県民税 > 給与支払報告書の提出をお願いします(事業主の皆さんへ)
現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者向け > 税金(法人) > 市・県民税(個人・法人住民税) > 給与支払報告書の提出をお願いします(事業主の皆さんへ)

本文

給与支払報告書の提出をお願いします(事業主の皆さんへ)

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0002111 更新日:2020年12月1日更新

目次

eLTAXまたは光ディスク等での提出義務

四国中央市へ提出する対象者

記入方法

提出方法

 

 所得税の源泉徴収義務がある事業主(給与支払者)は、法人・個人を問わず、前年中に支払った給与について、給与支払額の多少にかかわらず、アルバイト・パート、役員等を含むすべての従業員の給与支払報告書(総括表および個人別明細書)を作成し、従業員の1月1日現在(退職の場合は退職日現在)における住所地の市区町村長に提出することが法令により義務付けられています。(地方税法第317条の6)

※従業員を雇用する事業主は、所得税の源泉徴収義務者となります。(所得税法第183条)
※給与支払報告書は市県民税の算定のほか、国民健康保険料の算定や軽減、保育料決定や各種手当・助成金等の支給判定など、多くの公的な手続きの基礎資料となる重要な書類ですので、正しく記入のうえ必ずご提出ください。

eLTAXまたは光ディスク等での提出義務

 税制改正により、令和3年1月1日以降に提出する給与支払報告書について、前々年の給与所得または公的年金等の源泉徴収票の税務署へ提出すべき枚数が100枚以上の場合、eLTAXまたは光ディスク等による提出が義務付けられていますので、ご注意ください。
 詳細はこちらのリーフレット<外部リンク>をご確認ください。

四国中央市へ提出する対象者

 前年中に給与(給料、賃金、賞与など)を支払ったすべての従業員(アルバイト・パート、役員等を含む)のうち、下記に該当する方は、給与支払額の多少にかかわらず提出してください。

  • 在職者のうち、1月1日現在、四国中央市にお住まいの方
  • 退職者のうち、退職日現在、四国中央市にお住まいだった方

※在職者については原則として特別徴収となりますが、下記のA~Eに該当する場合は普通徴収が認められますので、給与支払報告書を提出する際に市県民税を普通徴収とする理由書を添付し、個人別明細書の摘要欄に「普通徴収」と記入してください。

【市県民税を普通徴収とする理由】

  1. 給与の支払期間が毎月でない等、不定期である
  2. 給与が少なく税額が引ききれない
  3. 退職、休職等による(退職、休職等予定の者も含む)
  4. 普通徴収として扱う乙欄該当者である
  5. 事業専従者給与である(個人事業主のみ該当)

記入方法

 令和2年度分より、給与支払報告書の様式が下記のとおり変わっておりますので、作成の際はご注意ください。

主な変更点・注意点

給与支払報告書(総括表)

【報告人員】欄の変更

総務省様式の変更に伴い、報告人員欄が「特別徴収対象者、普通徴収対象者(退職者)、普通徴収退職者(退職者以外)、報告人員の合計」に変更されています。

※令和3年度の特別徴収対象者に関わる事項になりますので、正確にご記入ください。

【納入書の送付】欄について

金融機関に出向いて直接納付される方は「必要」を、eLTAXの共通納税システムをご利用する場合などは「不要」を選択してください。

給与支払報告書(個人別明細書)

  1. 「ひとり親」の追加、「寡夫」の削除。
  2. 「基礎控除の額」、「所得金額調整控除額」の追加。
  3. 税制改正により、給与所得控除額の計算方法が変更、寡婦要件が変更。

※給与支払報告書の記入方法については、〔記入例〕給与支払報告書(個人別明細書)をご覧ください。

提出方法

個人事業主の方は本人確認が必要です

 平成30年度分以降の提出について、個人事業主の方が提出されるときは、なりすまし等防止のため、本人確認(個人番号確認+身元確認)を実施しています。
 提出の際は、個人事業主様の「個人番号確認書類」+「身元確認書類」を提示、またはコピーの添付をお願いします。
※eLTAXで提出するときは確認書類は必要ありません。

  • 個人番号確認書類とは…

個人番号カード、(個人番号)通知カード、住民票(個人番号の記載有)のいずれか

  • 身元確認書類とは…

運転免許証、パスポートなどの顔写真付証明書
(保険証、年金証書、児童扶養手当証書などの場合は2点必要)

電子申告(eLTAX:エルタックス)による提出

 市県民税にかかる特別徴収関連手続きについて、地方税ポータルシステム(eLTAX)を利用したインターネットによる受付を行っています。

eLTAXによる提出のメリット

  1. 迅速、正確、無料
    eLTAXを利用すれば、申告書等の作成・提出において、チェック機能により入力誤りや計算誤りが防止でき、郵送料等も不要で、1回のデータ送信操作で複数の地方公共団体に提出できます。
  2. 一般のソフトウェアにも対応
    市販の税務・会計ソフトで作成した申告データも使用できます。
  3. 特別徴収税額通知を電子媒体で受け取り可能
    5月中旬頃に特別徴収税額通知をeLTAXにて電子データで送信いたしますので、データ取り込みすることで事務の軽減が可能です。

※eLTAXについての詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地方税ポータルサイト【eLTAX】<外部リンク>をご確認ください。

光ディスク等による提出

 CD-R、DVD-R(以下、光ディスク等といいます。)による提出も受付しております。
 光ディスク等により提出いただく場合は、初年度のみ読み取り等のテストを行いますので、事前に給与支払報告書の光ディスク等による提出承認申請書とともにテスト用光ディスク等の提出をお願いします。
 光ディスク等の提出の際には、ファイルがコンピュータ・ウイルスに感染していないことを十分に確認してください。

ご持参・郵送での提出先

四国中央市 税務課 市民税係
住所:〒799-0497 愛媛県四国中央市三島宮川4丁目6番55号
電話:0896-28-6009(直通)

※窓口へお持ちいただく場合は、上記の他に各窓口センター(川之江、土居、新宮)でもご提出いただけます。
※電話、ファクス、電子メールによる給与支払報告書や各種届出書の提出は受け付けていません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)