ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 環境・まちづくり > 環境 > 環境保全 > セアカゴケグモにご注意ください

本文

セアカゴケグモにご注意ください

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0024812 更新日:2024年7月11日更新

セアカゴゲグモの発見のお知らせ

令和6年7月8日(月)、特定外来生物に指定されている「セアカゴケグモ」の雌が、土居町畑野地区で1頭発見されました。捕獲された個体は殺虫剤等で処分済です。
市内での発見は6例目となり県内では197例目になります。これまでに、このクモに咬まれた等の報告はありません。

 

セアカゴケグモR5 3セアカゴケグモ(雌)

※この写真は今回発見された個体ではありません

(愛媛県生物多様性センター提供)

咬まれた時は、針で刺されたような痛みを感じ、その後、咬まれた場所が腫れたり、熱く感じたりします。

症状のピークは3~4時間で、数時間から数日で軽快しますが、時に脱力感、筋肉痛、頭痛などの全身症状が現れることがありますので、病院で治療を受けることが必要です。
(できれば、咬まれたクモを殺虫後、ビニール袋等に入れて持参してください。)

愛媛県では、セアカゴケグモ等の情報を集めておりますので情報がありましたら、「愛媛県立衛生環境研究所生物多様性センター」(電話:089-948-9678)までご連絡ください。

関連リンク

特定外来生物について

特定外来生物は、「特定外来生物による生態系等に係わる被害の防止に関する法律」に基づき、生きた個体を持ち運んだり、飼育したりすることが禁止されています。

違反しますと、最高で個人では3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、法人では1億円以下の罰金が科せられる事があります。

県内における発生状況については、随時県ホームページで情報提供するなどして、注意喚起を促しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)