ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

四国中央市の紹介

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0019448 更新日:2021年7月26日更新

四国のまんなか 人がまんなか 人を結ぶ 心を結ぶ あったか協働都市

法皇のやまなみに育まれた「恵」

 山間部は、重要な水源地であり、その大半を森林が占めています。森林は水源涵養、水害防止、環境保全など多目的な機能を有し、市民生活と密接に結びついています。

燧灘に育まれた「営」

 重要港湾三島川之江港を海の玄関口とし、製紙・紙産業を基幹とする工業が集積して、四国中央市の経済を牽引する役割を担っています。

やまなみと海に育まれた「地の利」

 高速道路網の整備により、三島川之江・土居・新宮の3つのインターチェンジと川之江・川之江東の2つのジャンクションを持ち、四国の「エックスハイウェー」の結節点となっています。

気候

 燧灘に面した平野部は、瀬戸内海特有の温暖・少雨で、年間平均降水量は約1,500mm、年間平均気温は16.0℃と、冬期においても積雪をみることはまれで、台風や洪水、地震などの天災も少なく、気象条件に恵まれています。
 この地域の気候の大きな特色のひとつとして、平野部では毎年春先から初夏にかけて、日本三大局地風の一つである「やまじ風」が、法皇山脈の北斜面から燧灘へ周期的に吹きおろし、時には人家や農作物に被害を及ぼすことがあります。
 また、法皇山脈と四国山地に囲まれた山間部は、年間平均降水量は約1,700mm、年間平均気温は13.3℃と、瀬戸内海に近く位置しているため比較的温和となっています。冬期には積雪や結氷もみられます。

面積

 東西約30km、南北約20km、面積は約420平方キロメートルです。

人口

 四国中央市の人口は、令和3年3月末現在、85,145人(男性41,671人、女性43,474人)で、世帯数は38,963世帯です。

市章

 全体のイメージは、四国中央都市をめざす人の躍動感と人柄の持つ優しさや温かさ、高速道路の中心的存在を表しています。

 左右の2本のラインは四国中央市の「S」の字を発展させ、左のブルーの部分は「うみ」、右のグリーンの部分は「やま」、中央のオレンジの部分は「まち」をテーマに「活力と情熱」を表しています。

市の特産品

 水引細工、赤石五葉松、里芋、山の芋(つくね芋)、えびちくわ、いりこ、新宮茶、霧の森大福、二六焼、手漉き和紙、地酒、紙製品

パルプ・紙・紙加工品製造業の製造品出荷等が日本一!

 四国中央市の工業は、紙・パルプ、紙加工製品が工業出荷額の八割強を占める「紙関連産業都市」として発展してきました。
 経済産業省が毎年公表している「工業統計調査」による「パルプ・紙・紙加工品製造業」の製造品出荷額等において、本市が平成16年の市町村合併以降、連続で全国1位となっています。

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?