ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

生涯学習係

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0003852 更新日:2020年9月7日更新

社会教育の基本方針

 生きがいを持ちゆとりのある生涯学習社会を築いていくために、市民の学習機会の拡充を図り「だれもが、いつでもどこでも学べる」社会教育を推進し、もって人権感覚を養い、心豊かなひとづくり、まちづくりに努める。

具体的な施策

  • 生涯学習の推進(幼児教育、青少年教育、成人教育、高齢者教育、家庭教育)
  • 公民館活動の充実
  • 人権同和教育の推進

各種事業の取り組み

  • 成人式の実施(新成人へのメッセージはコチラ)
  • 視聴覚ライブラリーの設置
  • 社会教育団体及び指導者の育成
  • 学校・家庭・地域連携推進事業の実施
  • 共催・後援等事業 申請書類
  • 公民館事業 各施設
  • 社会教育施設の管理運営

少年自然の家事業

教育目標について

 児童・生徒を、普段の学校環境のさまざまな制約から解放し、自然探求やレクリェーション活動を含む多彩な野外活動をとおして、より豊かな情操を培うとともに、施設を利用した集団生活の中で、児童・生徒相互および教師と児童・生徒との人間関係を深め、規律、協同、友愛、奉仕等のこころを体得させる。

  1. 自然観察や山や川での活動をとおして、自然の恩恵に触れ、自然の仕組みに関心を持ち、自然に親しむ心や敬う心を養う。
  2. 集団宿泊活動の中で、お互いのふれあいを深め、「規律・協同・友愛・奉仕」のこころを培う。
  3. 変化に富んだ自然の中で、伸び伸びと身体を動かし、心を鍛え、自分で実践し創造する力や、友達と助け合う態度を育てる。

申請書等様式について

自然の家使用料金について

新型コロナウイルス感染症対策の対応について

社会教育委員

社会教育委員の会

四国中央市社会教育委員の会

会議の開催

会議録

平成30年度 第1回四国中央市社会教育委員の会 会議録

公民館

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)