ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報 > 市で取り扱う広告媒体 > 水道行事・イベントについて

本文

水道行事・イベントについて

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0004134 更新日:2020年5月26日更新

 

水道週間(6月1日~7日)

水道教室の開催

 市内の小学4年生を対象に出前講座を実施し、水の役目や大切さについて学習してもらいます。

写真:水道教室の様子

中田井浄水場の一般公開

写真:中田井浄水場一般公開の様子

湖水まつり(8月第1土曜日)

 水は飲料水をはじめとして、農業用水・工業用水など日常生活に必要不可欠なものであります。
 銅山川水系の豊富な水は、今日の四国中央市の飛躍的な発展の礎となっています。
 しかし、その裏にはダム建設に伴う水源地域在住者の尊い犠牲があったことを忘れてはいけません。
 このようなことから、水および水資源に対する感謝の気持ちの醸成と、併せて嶺南地域の活性化の一助となるよう湖水まつりを実施しています。

 第1回(昭和62年)から第14回(平成12年)までは、金砂湖(柳瀬ダムの人造湖)で開催していましたが、平成13年に富郷ダムが完成してからは、法皇湖(富郷ダムの人造湖)と金砂湖で交互に開催しています。

湖水まつり
ナイアガラ花火

水の日・水の週間(8月1日~7日)

 昭和52年度から8月1日を「水の日」とし、この日を初日とする一週間を「水の週間」として各種の行事が全国的に行われるようになりました。これは、水資源の有限性、水の貴重さ及び水資源開発の重要性について、国民の関心を高め、理解を深めることで、水問題の解決を図り、もって、国民経済の成長と国民生活の向上に寄与するという目的で実施されたものです。
 水道局においても、この行事の一環として、「水の週間」中は施設を公開しております。多くの方々のお越しをお待ちしています。そして少しでも多くの方たちに水に対する認識と工業用水道の業務内容について、ご理解を深めていただきたいと願っています。

 見学については下記施設へ直接お申し込みください。