ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 環境・まちづくり > ごみ・リサイクル > ごみ減量 > ごみ減量・清掃関係補助金申請手続きについて

本文

ごみ減量・清掃関係補助金申請手続きについて

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0001926 更新日:2020年9月7日更新

生ごみ処理容器・生ごみ処理機械設置事業補助金

 生ごみの減量化及び堆肥としての資源化を図るために必要な生ごみ処理容器(コンポスト、Em専用容器等)及び生ごみ処理機械(電気式の微生物分解方式と乾燥方式の処理機)の購入、設置に補助金を交付します。

補助の概要
補助対象 補助金額 備考
生ごみ処理容器
(コンポスト、Em専用容器等)
購入金額の2分の1(上限3,200円)
※100円未満切捨て
3年間に1世帯2基以内
生ごみ処理機
(電気式生ごみ処理機)
購入金額の2分の1(上限16,000円)
※100円未満切捨て
5年間に1世帯1基以内

留意事項

  • 市内に住居を有する家庭を対象(事業所を除く)
  • 市内の販売業者から購入すること
  • 必ず購入前に、見積書・申請書(様式第1号)を提出してください

申請手順

  1. 購入予定の販売業者から見積書を取り、見積書・申請書(様式第1号)を提出
  2. 市から決定通知(様式第2号)が送付
  3. 決定通知受け取り後、購入
  4. 実績報告書(様式第7号)・販売証明書(様式第8号)もしくは領収書・補助金請求書(様式第10号)・通帳の写しを提出
  5. 市から指令書(様式第9号)が送付

補助金申請書類の提出先

市役所生活環境課または各窓口センター

資源ごみ回収団体奨励補助金

 資源ごみの再利用及びごみの減量を図ることを目的に、市民団体(自治会、青年団、愛護班、スポーツ少年団等)が実施する資源回収活動に対して補助金を交付します。

補助の概要
交付対象団体 資源回収品目 補助金額
次のいずれかに該当し、回収の実施前に資源ごみ回収団体登録届出書(様式第1号)の提出のあった団体
  • 地域住民で構成する団体であること
  • 営業を目的としない団体であること
  • 新聞類及びチラシ
  • 雑誌類
  • ダンボール
  • 牛乳パック
  • 古着類
資源回収量1キログラムにつき5円
(1キログラム未満切捨て)

提出書類

  • 申請書(様式第2号)
  • 買上明細書(様式第3号)※業者が記入した原本であること
  • 売上伝票(コピー可)
  • 請求書(様式第5号)
  • 資源ごみ回収状況写真(プリントアウト可)
  • 通帳の写し

注意事項

  • 回収実施日より2カ月以内に申請してください。ただし、3月実施分の提出期限は4月20日となりますのでご注意ください。
  • 団体登録届出書提出後に代表者が変更となった場合、新代表者名で新たに団体登録届出書を提出してください。
  • 修正テープ、修正液、砂消しゴム等での訂正は不可となります。記載事項に訂正がある場合は、当該部分に2重線を引き、訂正印を押し、その上部分または右側に正書してください。また、訂正印は申請書、請求書の代表者印と同一のハンコを使用してください。
  • 届出者の住所は省略せずに記入してください。マンション名、アパート名、団地名等の省略や部屋番号の記載のないものは受付できません。

補助金申請書類の提出先

市役所生活環境課または各窓口センター

ごみステーション整備事業補助金

 ごみの適正な処理と生活環境の保全のため、地域住民がごみ収集場所に設置するごみ収集箱等の費用に対して補助金を交付します。

補助の概要
補助対象 補助金額
  • ごみ収集箱等の設置で耐用年数5年以上のもの
  • 補助対象事業費は5万円以上
補助対象事業の2分の1(上限10万円)
※1,000円未満切捨て

※本事業の実施に当たっては、補助金枠に限りがあること、地域の諸事情を踏まえて計画していただくことから、あらかじめ生活環境課ごみ減量推進係にご相談くださいますようお願いいたします

設置前申請様式

設置後申請様式

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)