ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報 > シティプロモーション > まちの話題 > 川之江高校で愛媛県紙パルプ工業会講演会が開催されました

本文

川之江高校で愛媛県紙パルプ工業会講演会が開催されました

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0019555 更新日:2021年6月22日更新

 講演会1

 6月22日火曜日、川之江高校で、愛媛県紙パルプ工業会による講演会が開催されました。
  講演会では、1年生を対象に、「紙産業で働こう!~紙の魅力を紹介します。~」という演題のもと、「日本一の紙のまち」四国中央市の紙産業について学習し、地域の魅力や地域課題を研究する学習につなげていくことを目的に開催されました。
  講師の森川政昭さん(愛媛県紙パルプ工業会技術顧問)は、紙産業の現状から紙の製造方法や機能など、木材チップがパルプを経て紙製品になるまでの流れなどを紹介し、紙が持つ機能や役割などを分かりやすく説明しました。
  また、本市紙関連企業で働くスタッフによる職種別の「お仕事Q&A」を紹介し、研究開発、営業、製造、商品企画、総務それぞれの立場での「仕事のやりがい」や「面白さ」を生の声として生徒たちに届けました。

 

講演会2