ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・防犯・安全 > 安心・安全 > 【まとめ】新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 小・中学校における新型コロナウイルス感染症への対応について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 教育・生涯学習 > 学校教育 > 【まとめ】新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 小・中学校における新型コロナウイルス感染症への対応について

本文

小・中学校における新型コロナウイルス感染症への対応について

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0015672 更新日:2021年9月13日更新

教育長メッセージ 「2学期もよろしくお願いします」

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、夏休み中ご家庭においても様々なご協力をいただきましたことに心から感謝申し上げます。

 2学期が始まりました。来週9月6日からは、給食ありの通常授業を行います。ご存知のように、現在、当市におきましても、新型コロナウイルス感染症の状況は厳しいものがありますが、可能な限り感染防止を図りながら、子どもたちの学びを保障していくことが重要と考えております。

 保護者の皆様におかれましては、子どもたちの安心安全と学習機会の確保の両立を図る学校の取組についてご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。併せて、学校での感染拡大を招かないためには、ご家庭のご理解とご協力が欠かせません。特に、次の3点について徹底をお願いいたします。

 1.お子さんの登校前の検温を徹底し、発熱等の風邪の症状がある場合は、登校や習い事を控え自宅で休養させてください。

 2.同居の家族の方も、風邪症状等がみられる場合は、無理をせず医療機関を受診するなど早めの対応をお願いします。

 3.保護者の皆様をはじめ、家の人が感染防止を心掛けていただき、学校での感染拡大が起きることのないようご配慮をお願いします。

 最後に、新型コロナウイルス感染症は、注意して生活していても完全に防ぐことはできず、誰もが感染する可能性があります。今、感染したり濃厚接触者になったりして辛い思いをしている方が多くおられます。そのような人たちを思いやる気持ちを大切にし、差別や誹謗中傷するのではなく、こういう時こそ、人としての温かい気持ちを示し、みんなで支え合っていけるようお願いします。お子さんにもお話しいただけるとありがたいです。

感染対策期の延長に伴う市内小・中学校の2学期における対応について

 9月13日までの本県のまん延防止等重点措置は解除されましたが、県の警戒レベルについては、感染対策期が9月26日まで延長されることが決定し、松山市以外の地域については、教育活動の段階的な再開が進められることとなりました。そこで、9月13日からの市内小中学校の対応については、感染対策を優先しながら、教育活動を再開するよう、下記のように取り組みます。

19月13日(月曜日)からの教育活動について

マスクの正しい着用、手洗い、身体的距離の確保や換気等、これまでの感染防止対策を徹底します。身体活動や実習等を伴う活動についても、感染対策に十分に注意しながら実施します。

2.部活動について

9月13日(月曜日)から9月26日(日曜日)の間については、市外との交流を行わず、感染拡大防止対策を徹底します。市内での対外試合や合同練習等は、中学校体育祭終了後に感染対策の上、十分注意して行います。

3.感染対策期間中のその他の教育活動について

○小学校の新宮少年自然の家活動は、9月13日より再開します。
○中学校の大洲青年交流センターにおける自然の家活動及び県外への修学旅行については、感染対策期が解除された後、実施します。
○参観日や体育祭(運動会)等については、参加者の限定や人数の制限をしながら、十分に注意して実施します。

「感染対策期の延長に伴う市内小・中学校の2学期における対応について(保護者宛)」令和3年9月10日 [PDFファイル/143KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)