ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

城山公園の紹介

印刷ページ表示
<外部リンク>
記事ID:0003618 更新日:2020年9月7日更新

城山公園

所在地:四国中央市川之江町1087-4
開設日:昭和33年3月17日
面積:121,000平方メートル
主な施設:
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。川之江運動場<外部リンク>(体育協会リンク)
川之江城天守閣
涼櫓

沿革

 城山公園は、延元2年(1337年)に築城した仏殿城の城跡である。古くから「城山」と呼称され住民に親しまれていた城山は、大正時代に大和吉野から取り寄せた桜の植え付けに始まり、昭和初期から園路の整備等を行った。
 昭和8年、大阪時事新報主催の四国八景に城山公園が入選して有名になり、遠方からの来園者も多くなり、大変な賑わいをみせた。
 昭和29年に城山エリア(山部分)の園路や広場の整備をし、昭和33年には西隣の平地部分を運動・緑地エリアとして順次整備を行った。また、昭和45年にナイター設備を完備したグラウンドが、昭和55年には市民プールが完成した。
 現在は、平成28年から城山エリアの崩壊の恐れがある斜面の対策工事や、狭い園路、老朽化した照明等の改修を行うとともに、運動・緑地エリアについても老朽化により休止中であったプール等を解体し、広場としての再整備を行っている。

地図

内部リンク

外部リンク