ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
書道パフォーマンスR4-1
書道パフォーマンスR4-2
書道パフォーマンスR4-3
書道パフォーマンスR4-4
書道パフォーマンスR4-5
書道パフォーマンスR4-6
書道パフォーマンスR3-7
書道パフォーマンスR4-8

本文

​第15回大会結果

 
学校名
優勝・文部科学大臣賞 長野県松本蟻ヶ崎高等学校
準優勝・愛媛県知事賞 鳥取城北高等学校
3位 上宮高等学校
審査員特別賞 仙台育英学園高等学校
紫舟賞 岐阜県立岐阜高等学校
南海放送賞 愛媛県立三島高等学校
青柳美扇賞 兵庫県立須磨東高等学校

 

 
​学校名:演技順 ​写真
開会式 写真
水戸葵陵高等学校 写真
香川県立高松商業高等学校 写真
仙台育英学園高等学校(審査員特別賞) 写真
福岡県立大牟田北高等学校 写真
広島県立五日市高等学校 写真
愛媛県立三島高等学校(南海放送賞・5位) 写真
兵庫県立須磨東高等学校(青柳美扇賞) 写真
長野県松本蟻ヶ崎高等学校(優勝 文部科学大臣賞) 写真
島根県立松江東高等学校 写真
創価高等学校 写真
兵庫県立伊川谷北高等学校 写真
本庄東高等学校 写真
愛媛県立川之江高等学校 写真
秋田県立大曲高等学校 写真
中央学院高等学校 写真
上宮高等学校(3位) 写真
香川県立高松西高等学校 写真
福岡県立八幡中央高等学校(4位) 写真
岐阜県立岐阜高等学校(紫舟賞) 写真
鳥取城北高等学校(準優勝 愛媛県知事賞) 写真
表彰式 写真
高校生ボランティア 写真

 

優勝・文部科学大臣賞  長野県松本蟻ヶ崎高等学校

1

【作品説明】
 書の原点に戻り古典に学び、先人の技法を自分達の言葉にして表現します。米芾張季明帖(べいふつちょうきめいじょう)、漢簡造像記(かんかんぞうぞうき)等、特に王鐸傅山(おうたくふざん)の偏(へん)を掠(かす)らせて旁(つくり)に墨をつける技法を取り入れました。平和を運ぶ麒麟(きりん)と共に私達の想いを伝えます。

 

準優勝・愛媛県知事賞  鳥取城北高等学校

1

【作品説明】
 私達が抱える自身への怒り・憤り・悲しさを言葉と文字に託し紙にのせました。顔真卿(がんしんけい)「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」を背景とし、新たな可能性に挑戦した作品です。また冒頭は、無音の世界の中身体から発する表現だけを頼りにしました。

 

第3位  上宮高等学校

uenomiya

【作品説明】
 
テーマは努力。花札の「小野道風と蛙」の逸話を題材とし、自分達に重ねました。(不断の努力で、蛙が柳に飛びつく姿を見て書に悩んでいた道風が奮起)平安から令和へと時代が変わっても変わらない「心」を表現しました。

 

審査員特別賞  仙台育英学園高等学校

1

【作品説明】
 
紙の國の祭典、宮城らしさ、夏の夢を融合させて、私たちにしかできない表現に努めました。太鼓や扇子舞、七夕飾り、纏(まとい)、瓦當(がとう)、書道にて、多くの人々に幸せが広がって欲しいという願いを込めました。

 

紫舟賞  岐阜県立岐阜高等学校

1

【作品説明】
 登竜門の逸話に、激動の時代を生きる私達の姿を重ね合わせ、困難を踏破する意志を表現します。全員の動きをシンクロさせ、演出上の小道具を最小限に絞り込み、書道パフォーマンスの本質を追求する作品を目指しました。

 

南海放送賞  愛媛県立三島高等学校

1

【作品説明】
 形を持たず見えなくとも信じられてきた『ことだま』。人々は混沌とした渦の中で言葉や文字で発信される人の思いに癒され救われる経験を繰り返しています。言葉にすることで力を持つことだま溢れる世界を表現しました。

 

青柳美扇賞  兵庫県立須磨東高等学校

1

​​【作品説明】
 さぁゲームを始めよう!夢を追う勇者の物語。ゲーム内のお告げにより『無駄な努力などひとつもない』と気づく勇者、そして現実世界の私。ゲームを飛び出し、私自身の努力の勲章を手に夢へといざ驀地(まっしぐら)!

第15回大会を2分で振り返る!!

 準備から片付けまでの様子を2分の動画でお届けします!
 ぜひ、ご覧ください。

「大会に携わる思い」をご紹介します!

 日本一の紙のまち四国中央市で開催される書道パフォーマンス甲子園。大会に欠かせない揮毫用紙をはじめ賞状や参加記念品に至るまで、四国中央市の伝統とそこに携わる人の思いが詰まっています!
 選手や学校関係者の皆さんに届くことを期待しています。

第15回大会参加校紹介

 予選参加について、4月1日(金曜日)から募集を開始し、5月13日(金曜日)に締め切ったところ、全国31都府県から102校の申し込みがありました。
 これにより、第15回大会予選審査基準に基づき、本戦出場校数について算出したところ、20校となりましたのでお知らせいたします。

参加校の一覧はこちら

大会アンバサダー 青柳 美扇(あおやぎ びせん) さんからのメッセージ

1

 

 この度「書道パフォーマンス甲子園アンバサダー」のお話を頂戴しまして、身に余る光栄です。
 私は書道が大好きです。特に書道パフォーマンスは、書道家になる!と決心したきっかけとなったかけがえのないものです。自身のルーツとして、書道パフォーマンス活動は今でも一番大切にしています。国内では国立競技場をはじめ、海外では10か国以上で書道パフォーマンスを行ってきました。パフォーマンスを見た子どもたちが目を輝かせながら「僕も、私も!書道やりたい!かっこいい!」と言ってもらえる機会も多く、本当にうれしいです。
 書道パフォーマンス甲子園を通して、書道・書道パフォーマンスの魅力を発信するお手伝いができますよう、アンバサダーとして精一杯務めさせていただきます!

青柳美扇さんのプロフィールや就任式の様子等はこちら

 

4

書道パフォーマンス甲子園PR動画

書道パフォーマンス甲子園のPR動画を制作しました。
ショートバージョンとロングバージョンの2つ動画がありますので、ぜひご覧ください!!

SNSでPRするための、超ショートバージョンも公開しています!

PR動画 ショートバージョン(4分)

PR動画 超ショートバージョン(45秒)

PR動画 ロングバージョン(11分)

公式Instagramのご案内!

 大会の様子をはじめ予選参加校の作品や大会に関する情報などをInstagramで配信しています!
 特に大会の裏側や準備の様子など、普段見ることができない情報です。また、大会グッズの紹介も行っています。
 ぜひフォローしてください!!
 インスタグラムはこちら<外部リンク>

1<外部リンク>

Twitter

<外部リンク>

お問い合わせ先

書道パフォーマンス甲子園実行委員会事務局0896-28-6037